花火保険ってなに?気になる保険料はどのくらいなのか

花火保険 イラスト

この時期の夜の目玉行事といえば、

全国で連日開催されている花火大会ですね。

 

でも雨でも降った日には中止なんてことも・・・

 

一万発の花火大会で大体5000万~1億円ぐらいかかるようで

主催者側としては雨コノヤロでしかないですしね。

 

でも花火大会にも花火保険というのがあるんですね。

 

費用の大半をフォローできるようで

思っていたよりかはダメージが少ないと聞きました。

 

とはいえ何千万という単位で赤字になるとは思いますが・・・

 

ということで、

この花火保険の保険料とか少し気になったので調べてみました。

 


スポンサードリンク

 

花火保険ってどんなの?

 

花火保険とは言われていますが、

正式名称は「興行中止保険」と呼ばれる保険です。

 

例えば他もので言うと

ライブやお祭り、マラソン大会も雨なんかで中止になった場合

この保険に入っていれば少しは安心って感じです。

 

ライブなんかでは出演者が急病などで出演できなくなった場合にも

この保険が適応できます。

 

他にも絵画展などで事故かなにかで肝心の絵が届かず

壁を観ることしかできない悲惨なときもこの興行中止保険が使えます。

 

もちろん延期か中止かで支払われる額もかなりかわってきます。

下手すると3000万以上変わります。

 

巷で開催されている大きなイベントを主催している側には必須な保険ということですね。

 

興行中止保険の保険料はどのくらいかかる?

 

これは開催するイベントの規模や保険会社にもよりますが、

花火大会を例にとると約95万~500万ぐらいの保険料が必要になるようです。

 

そしてどのぐらいの費用が返してもらえるのかというと

延期の場合で大体900万ほど

中止の場合で大体4500万円ほどが返ってきます。

 

なんかこう見ると半分も返ってこないので、全然笑えような気が・・・。

 

それに保険会社サイドも相当な痛手になりますよね。

 

花火大会が雨などで中止になった日は、、

保険会社の方ももしかすると機嫌が悪いのかもしれませんね。

 

気をつけます・・・。

 

 少し話は変わりますが。。。

 

ori

 

話はちょっと大きくなりますが、

オリンピックも要はこういったイベントなわけですよね。

 

最近のIOC(国際オリンピック委員会)では、

9.11テロなどの影響を受けてから万が一の状態に備えて

事件以来、五輪開催に保険をかけているみたいです。

 

ちなみどのぐらいの額かというと

 

2004年のアテネのときが1億7000万ドル

2008年の北京のときが4億2000万ドル

2012年ロンドンのときが13億4600万ドル

 

現在の日本円にすると

それぞれ175.1億円、432.6億円、1.38兆円ほどになります。

 

とんでもない数字ですね。

 

東京オリンピックのときはどれぐらいかけてくるのでしょうか?

 

原発や地震など最近では自然災害も多くなっているので

とても高額な感じになるような気がしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です